スタッドレスタイヤは査定時にプラス評価されない


基本的に車買取査定の際には、スタッドレスタイヤその他の種類は関係なく、タイヤ本体部分の縦線状にある溝の深さを見て査定士による判断で査定金額が決まります。

買取希望の対象物である車本体のタイヤにおける残り溝の深さが、査定基準。
まずはこの基準について、しっかりと理解をしておく事が大切です。

北海道・東北、北陸甲信越、東海などのような雪がふる地域においては、冬場に頻繁にスタッドレスタイヤを使用したりしますよね。
雪がよく降るエリアに住んでいる場合、スタッドレスタイヤを装着したままの状態で買取依頼をする場合、タイヤの溝が深ければ高値でプラス査定をする可能性があります。

しかし、可能性があるだけで基本的には「スタッドレスタイヤ」だからといって査定金額が上がる事はありません。

雪国や4WD車でもスタッドレスタイヤは査定で高くならない


スタッドレスタイヤ付きである車両が、プラス査定での対象に必ずしもならないといった点については今触れた通りですが、これは4WD車でも同じです。

4WD車の場合でも、他の車と同様でタイヤの溝の深さ次第で査定額が決まるので、スタッドレスタイヤ自体の事は後々売値に対し不満に思ったりする事もないので何も考えておかない方がいいでしょう。

ある程度の4WD車両タイヤの大きさでかつ同重量系統の車両同士であれば、互換性などがある場合もありますので、車体と一諸に売却をしたりせずに保管しておく方がオススメです。

また、何度も述べているとおり、必ずしもスタッドレスタイヤは雪国でもプラス査定などの対象になるとは限りませんので、新しく購入する車両用のパーツとして自分で保存しておく事がベストです。

個人売買のオークションや専門店にスタッドレスタイヤを売った方が儲かる


スタッドレスタイヤ付きのタイヤはオークションや専門店のほうが高く売れる事が多いですが、車両もふくめて個人売買のオークションや専門店などへ売るのは注意しておきましょう。

なぜなら、相手次第で無理難題な買取依頼に関しての条件を突き付けられたり、あるいは大変安い相場で車体丸ごと買われてしまうなどその他、信じられない不当な取引をしてきたりするような個人や専門事業者などがいる為です。

社外タイヤや人気のタイヤも車両本体と売るなら同様で高くならない


タイヤ部分にある溝の残りの深さで査定判断が査定士の方により判断をされるということから、基本的には純正か否かで査定金額は変わらないと思っていったほうがいいでしょう。

  • 純正だから
  • 社外品のブランドタイヤだから
  • 人気のタイヤだから
  • スタッドレスタイヤだから

といった理由で査定金額が変わる事はほとんどなく「溝の深さ」が査定ポイントだということを覚えておきましょう。

まとめ

車の買取依頼の際に、スタッドレスタイヤの存在というものがその査定面においての影響を及ぼすかについてのお話でした。

スタッドレスタイヤか否か、あるいは純正品であるか否か、それらの疑問点自体が査定には関係無い事がわかりましたでしょうか。

しかし、買取依頼の交渉の際には稀に、高値での買取(売却)が成功したりするような場合もあったりしますので、交渉に挑戦をしてみる価値は大いにあるかもしれません。

もしタイヤを少しでも「高値で売りたい」場合は、ヤフーオークションで売りたいタイヤの相場を確認し、高く売れそうであれば取り外して個人売買するという方法をとるようにしましょう。

ほとんど市場に出ていないようであれば、一度試しにオークションに出してみるのも手です。
ぜひ、試してみてくださいね。

絶対お得に車を買い替えたい・売りたい人は必見!

車を買い換えるときや、売ってお金にしたい人の多くの方はディーラー下取りに出したり中古車店に売ったりしますが、それだと損する事が多いです。
下取りや中古車ではなく、数社にオークションで売った方が高く売れます。

私の愛車でしてタント(3年落ち3万キロ)を査定したところ、80万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は65万円でした。

無料で数社に競売する事ができます。
一括査定のような面倒くさい電話は一切なしです。

申込みもカンタン、すぐに査定金額もわかります!

→あなたの愛車は今いくらで売れる?オークションはこちらから